学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

頭を下げる

投稿日:

田中角栄元総理大臣が大蔵大臣時代に新聞記者だった早坂茂三氏を秘書官に採用した。

まっさきに教えたのは挨拶・礼の仕方だそうである。

体が大きい分、相手以上により丁寧に腰をおって礼をしなければならないと教えた。

当時、最も勢いがある国会議員、しかも大蔵大臣の秘書官であるから、そんなバカ丁寧な礼は必要ない、だまっていても相手はペコペコするはず。

だが、それではいけないと教えた。

以前、大学の同窓会に出席した時のことである。

そこで大学の先輩と名刺交換をした。この先輩は東証一部上場企業の管理職であり、プロ野球ドラフト1位指名の経験もある。年上である。

しかし先輩よりも先にオレは頭を上げた。

「まずい! 一体俺は何やっているんだろう?」

営業をやっていた時、あれほど挨拶する相手との距離や立場を考えていたにもかかわらず、先に頭を上げた。

「いつから俺は偉くなったんだろう?」と思い、ショックだった。

そう言えば、教員になってから心を込めて挨拶をすることがなくなっていた。

以後、なおさら学校外の人に笑われない対応を心掛けた。

-教育

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.