学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

公立学校と人民公社

投稿日:

人民公社とはかつて中国に存在した地区組織。

土地や建物、生産手段を国家から支給され、全員が国家公務員として給料(税金)を支給される。

移動の自由も制限され、人民公社の中で結婚相手を見つけ、一生を過ごす可能性が大きい。

働いても働かなくても給料に変わりがないため、朝から畑に出向いても即敷物をしいて休憩する。

結果、生産性は低下し、崩壊。

そのため生産責任制を導入し、一定額の供出後、余剰分を人々は自らの収入に換えることが可能となった。よって農業活動に積極的になり、農業生産性は向上した。

「周囲の様子を伺いすぎだよな~」「学校ではど~して目の前の問題に取り組まないのかな~」と疑問に思うことがケッコーあった。

しかし某経済関係者の「大企業は人民公社と同じだ」との発言を聞いて納得した。

公立学校も人民公社と似た点が多いのである。

学校(人民公社)世界で生活し、学校(人民公社)の流れに逆らわなければ、保証されるものが多い。

ある面では居心地が良いが、学校外の価値観、感覚とは隔たりが大きくなる。

そう言えば、人民公社はまだあったっけ?

 

-教育

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.