学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

ホームステイINアメリカ合衆国 Part1

投稿日:

(日本時間)1月3日(月)

15:55

成田発15:55のNW28便に乗りこみ、一路あこがれのアメリカ合衆国サンフランシスコへと旅たつ。

機内で出た夕食はチキンかビーフの選択。さっそく英語のトレーニングとばかりに「Beef Please!」。ここまでは良かったが次がいけなかった。

アイスティを注文したがなぜかホットティーがやってきた。仕方がないので氷をもらおうと「はたして氷を1つとはどの様に言えばよいのか」と考えた。

結局、笑顔をそえて「A  block  of  ice  please!」と言ってみたがCAにけげんな顔をされた。さらに2~3度「A  block  of  ice  please!」を繰りかえした後、ようやく氷を1つホットティーに入れてもらえた。

この件については後ほどホストファミリーに「A  block  of  ice」とは「大きな氷のカタマリ」であることを教えてもらい納得した。

しかし、これでひるむわけにはいかず、生徒に席を替わってもらいアメリカ人の男性と話をすることにした。

彼はピッツバーグ出身で現在はサンフランシスコ市内の建設会社のセールスをやっているらしい。奥さんは日本人で今回は出産のために一緒に日本に行ったとのこと。

さらに大リーグはピッツバーグパイレーツ、アメリカンフットボールはピッツバーグスティーラーズのシーズンチケットを持っていることなどの話をすることができ、英語に自信を持つことができた。まったくの錯覚であるが。

それにしてもNW航空のCAは自由な人だった。客席で化粧をし、客席のひじ掛けに座って乗客と話をしていた。日本では見たことがない光景だった。

-教育,

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.