学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

ホームステイINアメリカ合衆国 Part4

投稿日:

(米国太平洋時間)1月3日(月)

17:00

帰宅後、着替えてキッチンに戻ってみるとテリーがワインを飲んでいた。俺も勧められるままにワインを飲みはじめた。アルコールのせいもあり緊張も解けた。

テリーの「アメリカの女性はかわいいから結婚して行きなさい。ついでに子供も6人ぐらい作って帰りなさい。だからあなたのホームステイは忙しいわよ。」とのジョーク にリラックスした。

17:30

ホストファザーのジェリーが自分用の白ワインとテリー用の赤ワインを抱えて帰宅。ジェリーは短期大学で日本語を勉強している。

早速ワインを飲みながら日本語と英語を交えて持参したお土産の説明をする。

しかし、この時点でホストファザーとホストマザーの名前を逆に覚えており、ファザーをテリー、マザーをジェリーと呼んでいた。

以前テリーファンクジュニアというアメリカ人のプロレスラーがいた。

またトム&ジェリーでジェリーが可愛いネズミだったための勘違いであった。

19:00

夕食はトリの空揚げ、細長い米を揚げたもの、ポテトサラダであった。味は大味。それにしても2人とも手づかみでよく食べる。そしてよくワインやビールをよく飲む。

20:00

食後に「明日はステーキだが好きか?」と聞かれた。当然好きなのだが、疲れもあり「好き」をあっさり言ってしまった。素っ気なく言ってしまった。

するとジェリーに「違う。アメリカでは好きな時はこのように言う」と表情豊かに教えてもらった。

友人がよく冗談でやる「Oh,  wonderfull」と全くおなじで ある。

アメリカでは「私」を表現する言葉は「I」

日本ではTPOにあわせて「私、わたくし、俺、僕」など表現する言葉は多い。だからこそアメリカ人の気持のつたえ方は、日本人からは少々オーバーではな いかと思える。

逆に日本人は言葉で気持ちを伝えやすい。逆に表情が少ない。よってアメリカ人にとって日本人は表情がな く、何を考えているのか解らないETのように映るのであろう。

21:00

ふたたびワインを飲みながら話をする。

この時ジェリーに「You  are  polite」と言われた。 そして俺はpoliteを「誠実だが建前的」な意味でとらえてしまった。

未熟な英語で反論するが理解しあえなかった。

結果、「よーし!これから何を勧められてもOKで通してやる。見ていろよ!」と訳の分からないアホな決心をしてしまった。

以後、毎日ビール、ブランデー、ウイスキー、ワインを勧められるたびに、体調に関係なくOKを連発。

アホみたくというより、アホそのもので頑張ってしまった。

ちなみにpoliteには「行儀良い・礼儀正しい」という意味がある事をあとで知る。

22:00

ベッドにもぐりこむが、隣室でアメリカンフットボールを見るジェリーとテリーの歓声が聞こえる。

「やっぱりここはアメリカだ」

-教育,

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.