学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

ホームステイINアメリカ合衆国 Part13

投稿日:

(米国太平洋時間)1月12日(水)

17:30

肉がノドの奥に泊まる前に帰宅した。

帰宅してサヨナラパーティーのために着替える。

久しぶりのネクタイとスーツに気持ちが引き締まる。

それにしてもアメリカでのダブルのスーツ姿もなかなか決まっているように見える。

錯覚はいつものことであるが、ジョージ・ルーカス事務所の興奮が冷めやまないためか。

18:30

サヨナラパーティーが始まる。書道、茶道、紙芝居、折り紙の実演、生徒の作った豚汁、肉ジャガ、キムチの一夜漬け、おにぎり、 湯豆腐、日本茶、卵焼き、フルーチェなどは好評だった。ヨウカンとナスの漬物はイマイチだった。

19:45

セレモニーに移る。

ホストファミリーの合唱の後、同行教員としての挨拶を行う。こ

こはひとつ、生徒の前でウケをねらい、かつ余裕のあるところを見せようとした。

ツカミで「Good  evening,  in Japanease  Konbanha ,  in  Hkkaido  Obandesu」とやってみたが、つかみきれなかった。

緊張のためか今一歩、二歩3歩。生徒の合唱と踊りとセレモニーは進み、最後は生徒とホストファミリーの涙で終了。

21:00

帰宅後、裏庭にあるジャグジー泡ぶくぶくホットタブに入る。

夜空には満天の星。露天風呂の気分で缶ビール片手にビートルズ「And  I  Love  her」を歌ってみたら、夜空に声が響いた。

小さいときからアメリカのTVで憧れていた、あのアメリカの家庭のあの広い庭で俺の声がアメリカの夜空に響いた。

想像したことなどなかった。

俺の歌声が夜空に響いているなどと信じられなかった。

ますます気分が盛り上がったら、テリーより日本のラブソングのリクエストがあった。

「あ~なたに今夜は~、ワ~インをふりかけ~、心まで酔わせたい、酔わせたい、アアあなたを・・・・」(沢田研二)と一曲。

これ以上歌うとこの閑静な住宅街全域に響きそうなので、一曲で止めた。

風邪気味で不参加のジェリーが一合枡と熱燗をもって来てくれた。

ますます本当に気分は最高潮。

でも今日が最後の夜だと思うと妙にしんみりとした気分になる。

23:30

荷物をスーツケースに詰める。キッチンにもどるとジェリーが一人、イングランド民謡を聞いていた。眠たかったが、グラス片手に話をする。

寝る前にジェリーが「濡れた海パンを洗濯するからだせ」と言って洗濯をしてくれた。

2:00

就寝。

-教育,

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.