学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

ホームステイINアメリカ合衆国 Part10

投稿日:

(米国太平洋時間)1月9日(日)

00

普段とは違うクラッシックで目覚める。

ひさしぶりによく寝た。

早速ベッドの上でクラッシックをBGMにたまっていた日誌を書く。

これで誰かがコーヒーを持ってきてくれればTVでよく見たアメリカンスタイル?

10:15

コーヒーを飲みながら新聞の日曜板のショートコミックに挑戦する。辞書を使わずに前後の内容と絵で訳してみた。結構笑える物があり、自分の英語力にちょっぴりニンマリとする。

11:00

ホットケーキのようなワッフルとベーコンでブランチをとる。それにしてもジェリーやテリーはワッフル にマーガリンや蜂蜜やジャムをよく使う。俺からすると信じられない光景。アメリカ人の体型は絶対これに関係があると思う。

ケーキ、キャンディー、チューインガムも日本の物より甘かった。

生徒の持参したペパーミント味チューインガムは好評だった。

アメリカではウエイトコントロールできなければ管理職になれない、

喫煙場所の縮小化、フィットネスクラ ブに通うのが盛んであるなどと耳にする。ならば根本的に食生活を変えたほうが早いような気がする。

近くのショッピングセンターでウーロン茶を探したが販売していなかった。あるのはコーラ、ファンタ、セブンアップのライト感覚の物ばかり。

12:00

天気がよく、暖かいのでガレージのドアを開けてクラッシックカーの製作に取り掛かる。

家の前ではTシャ ツを着た子どもたちがローラースケートで遊んでいる。

のどかな日曜の昼下がり。その後、車で40分ほどサンタローザに買い物に行く。

アメリカも日本とおなじく女性の買い物時間は長く、俺は少々バテ気味。

その時、テリーに 「結婚したときの練習よ!」と言われる。

18:00

ネパール産の米を炊くが、炊飯器を持っている人は多いとのこと。夕食はライス、ホタテのクリームソース煮、インゲン豆のアーモンドナッツ炒めである。ホタテのソースとライスが混じった所に冷蔵庫から取 り出した冷えた醤油をかけて食べる。

醤油の香ばしい匂いに思わずにっこり。

ここはアメリカだが自分は日 本人であることを実感!

23:00

持参したファイルで自分の住んでいる街、学校、友人を説明し、就寝。

-教育,

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.