学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

ドットコ日記  一歩すすんで二歩よろける <しまなみ海道&瀬戸内編>24

投稿日:

8月6日(水)Part5

ドラマだ。

またしてもここまで来てもドラマだ。

四国八十八か所第一番札所に来てもドラマだ。

というより試練がやってきた。

荷物を下ろした自転車はフツー人の自転車。旅人の自転車でなくなる。ということはロックしなければ、霊山寺といえども盗まれる危険性ありと冷静に判断。

ロックした。

ハッとした。

「そうだ、キーは部屋に置いてきた荷物の中だよ!」

「神はなにゆえに、こうもオレに試練を与えたまうのか?」と膝まづき、コウベをたれた。というよりもガックリした。

ガックリしたが、オノレのアホさ加減にはその場でほどよい理解も示した。なんたってこれで40数年、この性格で飯を食ってきたわけであるからして。

呆れてもモノは言えます。簡単です。

さっそく気持ちを切り替え、先に霊山寺を見てまわることにした。本堂の近くにいたオジサンに説明してもらい、写真を撮ってもらった。

さて問題のロックである。

お土産物屋さんから十字ドライバーを借りて来たが、ネジの頭もオレ同様に暑さでグニャグニャ。次にペンチでネジを回そうとしたがダメ。

それにしても、この店のオバチャンは、閉店間際に自転車屋さんの住所と電話番号を書いた紙を渡してくれた。

しかも「店を閉めて帰りますけど、ペンチと十字ドライバーは店の前に置いてくれればいいですよ。」と言ってくれた。

やっぱり親切なんですよ、徳島の人は。

吉野川に架かる橋にインターネットライブ中継のカメラがある。家族に向かって手を振る計画を立てたが、キビシクなってきた。

 

徐々に涼しさが増して過ごしやすくなるが、オレの焦りも増してきた。最後の夜は缶ビールでささやかに乾杯の予定だったが、このままではスーパーも閉まるのではないか。

結局、最後の手段を採用。

カッターで自転車に固定してあるロックのプラスティック部分を切り刻んだ。そして自転車をロックするワイヤーを一番札所案内表示の鉄柱に巻きついた状態でのこした。自転車と分離させた。

つまりワイヤーをお遍路一番札所訪問記念に巻きつけたままで、置き去りにしなければならなかった。

「さらばワイヤーよ、8年の付き合いだったな」

-

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.