学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

ドットコ日記  一歩すすんで二歩よろける <しまなみ海道&瀬戸内編>17

投稿日:

8月5日(火)Part1

「朝起きて、ベッドの上で時間を気にせず、こんな風に旅日記を書けるとは、今回の旅は、もしかしたら俺も旅作家かな? 嵐山光三郎ほど知的で品の良さはないが、(注)シーナ誠程度の旅作家かな? を再確認する旅かなと思う。俺もシーナを越える日が来るかも知れない。そんな気がする。いやその日は必ず来る。」。

(注)よーするにマイアガッタただのバカ男です。椎名誠および嵐山光三郎ファンのみなさん、お気を悪くしないでください。

ホテルを出発し、コンビニから日記をFAXで送った。

24時間営業のうどん店を発見。さっそく朝飯代わりにウドン「大」を注文した。品書きをよく見なかったので出てきた「大」は三人前だった。それでもなんとか食べきって、いざ出発!

観音寺駅到着と同時に父親から心配の電話あり。

「俺は元気だ! ガッハッハー!」と父親の心配を笑い飛ばした。どうやらわが父親がヒマつぶしに我が自宅に電話をし、旅初日~2日目のゴタゴタを聞いたらしい。

駅前で「これが日本の高校生!」といった陸上部男子に記念写真を写してもらった。坊主・日焼け・ニキビの3点セットに素直さを漂わせ、返事も良し。

コンビニで店長とウドン談義をしていたら、いきなり常連客らしき男性が話に割り込んできた。

「ウドンは、これが最高だぜ!」と買ったばかりのインスタントを見せて、豪快に笑って出ていった。

あっけにとられた。

一瞬の出来事だった。

-

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.