学校の教員という仕事が一番好きです。でも日々何か変だな~と感じていました。そこで学校や教育について書いていきたいと思います。

冗談はさておき

教育

いじめ問題

投稿日:

入学式の後、担任として保護者・生徒に挨拶をした。

担任としての考えを伝えた。

「イジメ問題で釈明会見があると、かならず教育委員会や学校関係者が、小学生でも突っ込めるアホナな言い訳をし、謝罪することが多々見られます。

しかし、私は必ず対応します。

ただ、今から逃げを打つわけではありませんが、いじめ問題について当事者同士の責任を数値化して判断することができません。

よって必ずしも保護者のみなさんが納得できる結果となるかは分かりません。

しかし、かならず対応します。

絶対に逃げませんし、あのようなバカな会見を開くような事態にはしません。」

自分が親になってからは尚更「自分の子どもがイジメにあって学校があのようなアホな対応だったら・・・」と思うと腹立たしくなり、ますます力がこもるようになった。

本当に大の大人が会見で訳の分からない説明をしていると腹が立つ。

イジメに関する緊急保護者会に出席した知人から、その時の感想を聞いたことがあるが、本当に何を言っているか分からなかったそうである。

自分のことに話を戻す。

ある年、入学してから1週間後、生徒を通じて保護者の方からの好意的な感想を伝え聞いたことがある。

一番最初に伝えたことが、その後の学級運営、保護者対応でプラスになったと思う。

 

-教育

Copyright© 冗談はさておき , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.